ほっと 和みタイム~笑顔になりたい~

レシピブログのモニターやお家ごはん、子ども達のおやつなど書いてます

鶏むねの唐揚げ 鶏肉を柔らかくするためのコツと揚げる時間は約4分!

f:id:wanomotenasi:20181004141044j:plain

柔らかい鶏むね肉を作りたい!と思っていきついたのが乳清(ホエー)に漬けること

100cc程度、お肉がつかる位で充分です。

一晩位漬けておきましょう。

冷蔵庫保管です。

その後は肉を室温に戻すまでが下準備です。

 

 

乳清とは水切りヨーグルトを作るときに残るお水です。

クセが無く乳酸菌の宝庫なので、捨てずに使うと便利。

A.肉を柔らかくする。
B.ご飯をたくときにお水代りに使う。
C.ドーナツやホットケーキを作るときにお水代わりに入れる。
こんなふうに使います。


唐揚げは食卓にもお弁当にも定番なのですが、固くなると子どもの口は凄く正直で…絶対に食べないので必ず

美味しく作らなきゃならない!!!!!

これなら本当に柔らかいですよ。

f:id:wanomotenasi:20181004141044j:plain

 

【柔らかい鶏ムネ肉を使ったジューシー唐揚げ】
【材料】5人分

・鶏ムネ肉 2枚
・醤油 20cc
・はちみつ 大匙2
・カレー粉 小匙1
・片栗粉 大匙5(同量の水を入れて水溶き片栗粉にします)
・中力粉 大匙5
・揚げ油

【作り方】

①乳清(ホエー)に漬ける。
肉の硬いのがほんとに柔らかくなります


お肉は必ず室温に戻しておきます。これだけで揚げ時間も仕上がりも違います。


肉が柔らかいということを前提にお料理したいですよね。
②鶏ムネ肉の膜を切っておく。
鶏ムネ肉の肉には薄い膜があって、これに包丁で少しばかり筋を入れておくと完璧です。
食べやすく切ってビニール袋に入れ、醤油とはちみつとカレー粉をまぶし、粉類もまぶしつけておきます。
③油の温度は170℃。衣をまとわせた状態で揚げると揚げ油が汚れません。
粉を叩いて油に投入するとどうしても粉が散るので、先に衣としてまとわせておきます。

f:id:wanomotenasi:20181004141543j:plain


④油を170℃に熱し、肉を投入します。
あまり触らずに火を通し、周りが固まってきたら何度か返します。
室温に戻した鶏肉なので火も通りやすいです。
はちみつが入る場合は焦げやすく目を離さないのがコツ。

揚げ過ぎは固くなるので4分、5分以上は揚げません。
油を切って盛り付けます。
肉汁たっぷりのジューシー唐揚げですよ♥。

各家庭で秘伝のレシピがあると思いますが、衣は薄付きで胸肉で柔らかいのがいい!という時にぜひお試しくださいね。

 

 応援が励みになります。宜しくお願いします。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス