ほっと 和みタイム~笑顔になりたい~

レシピブログのモニターやお家ごはん、子ども達のおやつなど書いてます

事前準備の手間なし!思い立ったら作る「ピーナッツとチョコと胚芽入りスコーン」

 思い立った時にすぐ作るスコーン。

バターたっぷりなら理想の腹割れが期待できますが、バター少な目…で作る毎日食べたいスコーンです。


f:id:wanomotenasi:20180918142456j:image
ピーナッツとチョコがザクザク入っています。

ベイクチョコになってしまうのでジャムを付けると丁度美味しい(/ω\)。

【ピーナッツとチョコの胚芽スコーン】

「材料」7個分(直径6cm)

・中力粉 200g

・胚芽小麦 30g

・グラニュー糖 25g

・塩 1g

・バター 50g

・タンサン 3g

・牛乳 100cc(弱)少し残ります

・ピーナッツチョコ 1袋

 

「作り方」

①中力粉、小麦胚芽、塩、砂糖、タンサンをボウルに入れてグルグルと混ぜておきます。
f:id:wanomotenasi:20180918142326j:image

 ②バターを加え粉をかけます。カードで切り混ぜますが、直接バターには触れずに切り口に粉をかけながら切り混ぜます。そぼろ上になるまで手早く混ぜます。


f:id:wanomotenasi:20180918142342j:image

 ③牛乳を加えます。まず半分くらい回しいれて、水分に触らないように粉をかけながら切り混ぜをします。3回くらいに分けて牛乳を加えますが、その都度粉をかけて水分に触らずに作業します。

少しだけ牛乳が残ると思います。その日によると思うので様子を見ながら加えます。


f:id:wanomotenasi:20180918150155j:image

 ほんの少し残ったのはカフェオレなんかに入れて下さい(n*´ω`*n)

④ピーナッツチョコをザクザク切って加えます。


f:id:wanomotenasi:20180918142400j:image

 ④軽くこねるようにしてチョコを入れていきます。

少しこねることで生地がつながります。


f:id:wanomotenasi:20180918142417j:image

 ⑤生地をまとめて冷凍庫に入れます。

オーブンの余熱の間冷やして下さい(7分くらい)。


f:id:wanomotenasi:20180918142428j:image

 ⑥生地を3等分して重ね、15cm×15cm位に伸ばします。

6cmのセルクルで抜いて天板に並べます。


f:id:wanomotenasi:20180918142437j:image

 

イデア:オーブンシートではなくくっつかないホイルを使うと安上がりで便利!
f:id:wanomotenasi:20180918142446j:image

⑧250℃中段 で10分、200℃で10分焼きます。

↘ごつごつしているのは2番生地です。生地をまとめるだけにして重ねたりこねたりはししないようにします。

出来るだけこねる回数を減らすとスコーンの食感が得られます。

こねてしまうとビスケットの食感になります。


f:id:wanomotenasi:20180918142456j:image

 ⑨クローデットクリームは冷たく冷やしたものを。

すぐ室温に戻ってしまうのですが、ちょっと扱いにくくなるので冷えた方が良いです。


f:id:wanomotenasi:20180918142513j:image

 

⑩イチゴジャムとの相性は抜群ですね!

小麦胚芽が入っているので、子どもというより大人向けのおやつだと思います。
f:id:wanomotenasi:20180918142521j:image