ほっと 和みタイム~笑顔になりたい~

レシピブログのモニターやお家ごはん、子ども達のおやつなど書いてます

お稲荷さん食べたら何かご利益あるかしら??

子どもの卒園。

晴れやかに心地よく過ぎていくであろう1日に、ショックで立ち直れないような出来事があったんです!

そういう場合、後悔ばかりが日を追うごとに増してきて、気がつけばだんだん眠れなくなってくる!

よくないですよ〜。夫に話しても先に進む話ばっかり。

今この気持ちをどうしたらいいのか!て話。

本当は良くない夜中のスマホ検索で、「悩みの99%は、悩んでもしかたがないこと。自分ではどうにも変えようがないことで悩んでいるのではないでしょうか。」と有りました!

夢を持ち立ち止まっていられない人は悩まないそうです。

夢がなく過去に囚われているより夢に向かって前へ進む!

そう有りたいって思いました!

先の記事で書きましたが、私の好きな小説の主人公は、不眠症で眠れない時は料理をする!という人。

無理に寝ようとしないというのは私の経験からも良いように思います。

料理を始めたら家族が起きちゃうのでレシピを。

毎日でも飽きないおいなりさん

【材料】 

・油揚げ 20枚

・醬油 大匙2

・昆布だし 100ml

・すし酢 大匙3

オリゴ糖 大匙3

・砂糖 大匙3

酢めし 600g

桜おぼろや錦糸玉子、生姜や胡麻を混ぜ込むとよりたのしめます。

【作り方】

①油揚げを半分に切り茹でて油抜きをすしザルに上げて冷ます。

②調味の材料を底の広い鍋に入れてよく溶かして、優しく絞った油揚げを絡める。

③鍋に火を付け湧いたら絡めながらに詰める。

④30g程の酢めしをいなりの皮に詰める。角に先に詰めてから真ん中に詰めるとかたちが良い。

油揚げの中が開いていない場合は油抜きの前に箸を転がして空洞を作る必要がありますが、我が家はやらなくてもちゃんと開きます(*´艸`*)。

書いていたら少し前に進む気持ちになりましたよ。

アーチ

ぜひポチッとしてみて下さいね!